2008-08-15

ケベック

犬の散歩に引っ付いていって、偶然野球の試合がやっていて、偶然ファールフライが駐車場に停まっていた車のフロントガラスに直撃し、偶然その場にいた人たちの会話を聞いたルームメイトが教えてくれたケベック州について。
・ケベコワ(ケベック州でフランス語を話す人たち)は他のカナダの州がきらい
 (というか、英語を話す人が嫌いらしい)
・特にオタワ周辺、ガティーノ地区の人たちはオタワが嫌い
・オタワが嫌いなのでオタワで仕事があっても、オタワでは就職しない
 (だから、オタワは求人が多いなんていってたけど・・・orz)
・ケベック州の自殺率はカナダ一
・ケベック州のカスタマーセンターは最悪
・ケベック州の高校ドロップアウト率(退学率かな?)はカナダ一
・ケベコワが英語を話すのはお金のため(観光者用)
・ケベコワは自分の感情をそのまま話す

「ケベック好きだし、フランス語好きなんだけど、こういうところは嫌い」と言っておりました。
まぁ、確かに街中(といっても恐ろしく田舎だが・・・)で英語を聞く機会はほとんどないので、思い当たる節はいくらかあるんだけど(サブウェイの店員とか・・・orz)
あまり関係のないことだけど、ほとんどのカナダ人はアメリカが嫌いらしい。んで、ほとんどのケベコワはアングロフォン(カナダで英語を話す人)が嫌いで、ほとんどのガティーノ地区の人たちはオタワのことが嫌い。
これってお隣さんは嫌いってのと同じなのかね?
しかし、2chの情報(ケベック 2chとかでググれば分かる)を信用しないでおこうと思っていたのだが、ちょっと信憑性が出てきてしまった・・・

No comments:

Post a Comment