2018-06-07

パイプライン アイデア編

MongoDBバインディングの使用例を書いている際に、アクターを繋げてパイプライン的に動かすようなのを書いたのだが、これうまくやるとパターンにできないかなぁと思えてきた。

イメージとしては以下のようなブロックをつなげていくような感じ
    +==============pipeline==============+
    |                                    |
    |    +-------+          +-------+    |
==input=>| pipe1 |=success=>| pipe2 |=success=>
    |    +-------+     |    +-------+    |
    |        |         |        |        |
    |      error       |      error      |
    |        |         |        |        |
    |    +-------+     |        |        |
    |    | pipe3 |==>>=+        |        |
    |    +-------+ (success)    |        |
    |        |                  |        |
    |      error----------------+        |
    +========+===========================+
             |
pipe1は入力を受け取って処理をし、成功すればpipe2に処理したデータを渡す。失敗すればerrorに渡す。errorの接続先は別のパイプでもよく、pipe3の処理が成功すれば(例、データ変換)すればpipe2に処理を渡す。失敗すればerrorに渡す。以下同様。 っで、全体のpiplelineとしての処理はpipe同様二本のチャンネルで得る。
最終的にはpipleline同士を繋げてより大きなパイプラインにするみたいな。

パイプ、パイプラインともにアクターの亜種として定義すれば、処理ごとにアトミックになるし、必要なら同一チャンネルを使うユニットを増やすことで処理の多重化もできそう。うまく書ければ使いではありそうな感じがする。ちと考えてみるか。

No comments:

Post a Comment