2013-03-06

脱BoehmGCへの道 与太話

SBCLのコードを読んでいると、コンパイラとかデバッガを作るということがいかに環境べったりのコードを書く必要があるかということを実感させられる。もちろん、それを#ifdefで区切るのか、もっと抽象化してやるのかは実装者の好みだろう。

コード読んでて感動したのが以下のコメント。
    /* On entry %eip points just after the INT3 byte and aims at the
     * 'kind' value (eg trap_Cerror). For error-trap and Cerror-trap a
     * number of bytes will follow, the first is the length of the byte
     * arguments to follow. */
    trap = *(unsigned char *)(*os_context_pc_addr(context));
これは、Windowsなら、handle_breakpoint_trap、x86環境ならsigtrap_handlerにあるコードなんだけど、どうやってその'kind'を飛ばしているかというと以下のアセンブラから飛んでくる。
 .globl GNAME(do_pending_interrupt)
 TYPE(GNAME(do_pending_interrupt))
 .align align_16byte,0x90
GNAME(do_pending_interrupt):
 TRAP
 .byte  trap_PendingInterrupt
 ret
 SIZE(GNAME(do_pending_interrupt))
別にdo_pending_interruptである必要はないけど、ようするにこんな感じで飛ばすのである。んで、C側ではEIP(x86)の次のバイトを読む。SIGTRAP飛ばすのにint3もしくはud2使ってる。ud2だとSIGILLか。

最初なんでOSのPCなんて必要なんだろうと思ったけど、こういう理由でいるみたい。「完全解説SBCL」なんて本が出たら多分買うと思う。

No comments:

Post a Comment