2013-03-02

脱BoehmGCへの道 計画編

別にBoehmGCに対してそこまで不満があるわけではないのだけど、Sagittariusは既にインストールされているライブラリ(Unix系環境)もしくは新規にダウンロードして特に手を入れることなく使う(Windows環境)という手法をとっているので、サポートしていない環境で動かすのに支障がでる。(たとえばFreeBSDの最新のportsでは不具合があってSEGVる)

それ以外だとGaucheやMoshみたいにGC_sizeから割り付けられたサイズを求めてごにょごにょするといいったことができないとか、多少の不満があったりはする。

そこでとりあえずなんとかならないだろうかと思い計画+どうしようこれ?的な問題点を思いつくままにずらずらと。

計画(妄想)的な何か
  • 世代別GCにしたい
    • 特に理由はないけど、大域定義とかはGCされる率は極めて低いので効果的な気がする
    • Scheme48の最新版は世代別GCを実装してるし
  • パラメータでGCの挙動をチューニングできるようにしたい
  • メモリ割付を安価にしたい
    • Ypsilonはメモリの割付がおそらくすごく高速(ctak見て思ったこと)
    • BoehmGCはベンチ取ったことないから知らないけど・・・
問題的な何か
  • Conservative GCかPrecise GCか
    • 世代別ならPreciseじゃないとまずいのか?
    • 現状のコードを書き直さないようにしたい
    • Conservativeな世代別GC?(可能なの?)
  • マルチスレッド環境をどうするか
    • ヒープの場所をどうするか
      • スレッド毎に持つ
        • 子スレッドが死んだ時にどうする?
      • ヒープはメインスレッドのみが持つ
        • 割付ごとにロックする
        • 遅くね?
    • スタックの底をどうするか
      • あんまりスレッドモデル依存にしたくない
      • かといってアーキテキチャ依存もなぁ(espとかrspとか?)
たとえばYpsilonは自前GC(コピーもしくはコンパクションはしなかったはずだからマーク&スイープかな)だが、ヒープはVM毎に持っていて子は親を参照できるけど書き換えられないとかあったはず。http://d.hatena.ne.jp/fujita-y/20081121/1227252054

RacketはPrecise GCなんだけど、↓なので参考にならない・・・

Scheme48の実装を理解しつつ分散GC的な何かを理解するという地道な方法しかないだろうか。できれば、サクッと作って「GCは自前じゃないとね」とか軽口を叩いてみたいのだが・・・

誰かこの本を献本してくだしぁ(ぉぃ

2 comments:

llibra said...

Steel Bank Common Lispなんかはx86で保守的な世代別GCを採用してるそうです。

"12.10 Implementation (Linux x86/x86-64)"

kei said...

ありがとうございます。

眺めた感じだと、結構なハックがあって読み応えが半端ないです。

Post a Comment