2013-03-05

脱BoehmGCへの道 準備編(3)

実際のコードの準備に入る。

Twitterでも呟いたのだが、SBCLは*_SPACE_(START|END)という奇妙な固定アドレスがあって、これらは環境(OS、アーキテクチャ)によって値が違う。Genesisというビルド時に走るソース生成のLispがこいつらを作るのだけど、この値を使ったら負けな気がしてるのと、ポータビリティが下がるどころの話じゃないのでなんとかデータセグメントをランタイムで取れないかを探っている。(ここまで前置き)

Linuxとか*BSD環境だと、etextとかedataとか使えるのだけど(GCC?)、Windowsだとそうは問屋がおろしてくれない。Boehm GCはこの辺をMEMORY_BASIC_INFORMATIONと多少のハックで何とかしているのだが、.dataセグメントをとるのなら以下の方法でもいけることが分かった。
/* dll.c */
#include <windows.h>
#include <winnt.h>
#include <dbghelp.h>
#include <stdio.h>

__declspec(dllexport) void dump(HANDLE hModule)
{
  char *dllImageBase = (char*)hModule;
  IMAGE_NT_HEADERS *pNtHdr = ImageNtHeader(hModule);
  IMAGE_SECTION_HEADER *pSectionHdr = (IMAGE_SECTION_HEADER *) (pNtHdr + 1);
  int i;
  printf("base   : 0x%p\n", dllImageBase);
  for (i = 0 ; i < pNtHdr->FileHeader.NumberOfSections ; i++) {
    char *name = (char*) pSectionHdr->Name;
    printf("name   : %s\n", name);
    printf("section: 0x%p\n", dllImageBase + pSectionHdr->VirtualAddress);
    printf("size   : %d\n", pSectionHdr->Misc.VirtualSize);
    pSectionHdr++;
  }
}

__declspec(dllexport) int show()
{
  HANDLE hModule = GetModuleHandle("dll.dll");
  dump(hModule);
  return 0;
}

/* linked.c */
#include <windows.h>
#include <winnt.h>
#include <dbghelp.h>
#include <stdio.h>

__declspec(dllimport) int show();

int main()
{
  HANDLE hModule = GetModuleHandle(NULL);
  char *dllImageBase = (char*)hModule;
  IMAGE_NT_HEADERS *pNtHdr = ImageNtHeader(hModule);
  IMAGE_SECTION_HEADER *pSectionHdr = (IMAGE_SECTION_HEADER *) (pNtHdr + 1);
  int i;
  printf("base   : 0x%p\n", dllImageBase);
  for (i = 0 ; i < pNtHdr->FileHeader.NumberOfSections ; i++) {
    char *name = (char*) pSectionHdr->Name;
    printf("name   : %s\n", name);
    printf("section: 0x%p\n", dllImageBase + pSectionHdr->VirtualAddress);
    printf("size   : %d\n", pSectionHdr->Misc.VirtualSize);
    pSectionHdr++;
  }

  printf("should be in DLL\n\n");
  show();

  return 0;
}

/* load.c */
#include <windows.h>
#include <stdio.h>

typedef void (*Dump)(HANDLE);

int main()
{
  HMODULE handle = LoadLibrary("dll.dll");
  Dump dump;

  dump = (Dump)GetProcAddress(handle, TEXT("dump"));
  if (dump) {
    dump(handle);
  } else {
    printf("something wrong\n");
  }
  return 0;
}
問題なのはLoadLibraryではなくリンクされた方だったりする。GetModuleHandleは.exeのハンドルを取得するらしく、DLLの名前を渡さないと.exeと同じアドレスになった。おそらくDllMainでDLLがアタッチされた際に引数として渡されるハンドルを保存しておくのがいいだろう。LoadLibraryの方は逆にハンドルが返されるので、既存の拡張DLLのコードをいじることなくいけそうである。

唯一これが問題だなぁと思うのは、dbghelp.libをリンクする必要があることだろうか。おそらくXP以上の環境ならMSVCライブラリを入れなくてもあると思うんだけど、ちょっと不安。

ふとBoehm GCのこの辺のハックを読んだときに思ったのだが、Boehm GCってDLLを呼ぶたびにGC_INIT呼ばないとまずいのかな?それともLoadLibraryをフックしてる?じゃないとDLLごとの静的領域がルートに入らない気がするのだけど・・・

No comments:

Post a Comment