2012-08-26

Libraryのルックアップ

ずっと悩んでいる問題の一つ。
SagittariusではR6RSが禁止しているexportされたシンボルの上書きを許している。理由はその方が便利だから。

ただ、これ便利なんだけど、プログラマが重複するシンボルを含むライブラリをimportした際にどちらが使われるのか意識できないと拙い。Sagittariusでは「後からimportしたものが使用される」というルールを作っている。もちろん明にexceptとか使えば問題ない。ただ、スクリプトとして走らせた際がちょっと困って、既にimportされているライブラリがトップレベルにある。

直接exportされているものなら別に問題ないんだけど、問題になるのは間接的にexportされているもの。SRFIライブラリなんかはもろにこれで、
(import (srfi :1))
とかってやると全部間接的に解決される。っで、上記の例でトップレベルでは既に(rnrs)がimportされているので、removeとか使うと、SRFI-1の方を使って欲しいのに、R6RS定義の方が使われて悲しい思いをする。

原因は0.3.5までは、間接解決されたものは解決リストの末尾に追加されているため。これではいろいろまずいので修正した。
修正方法は非常に単純な発想で、直接importの次に間接importを追加してから既にある解決リストを追加するというもの。
今まで不便だなぁと思いつつ放っておいたのだが、重い腰をよっこらせっとあげた。これで今まで明示的に
(import (srfi :1 lists))
と上記の問題を回避するために書いていたのをやらなくても済む、はず。

No comments:

Post a Comment