2012-07-16

BoehmGCとCMakeとMSVC

あんまりCMakeは関係ないかも。

BoehmGCをMSVC上のマルチスレッドでコンパイルしようとすると/MDオプションによって暗黙的に定義される「_DLL」というマクロを期待している。困る。という話。

事の発端はMSVCR100.dllを依存関係に入れたくないために/MTオプションを指定したのが始まり。とりあえず、コンパイルするとビルドの途中で0xc000007bといって落ちる。いろいろ調べた結果(たどり着くまでに2時間くらいかかった)、gc.dllが何もエクスポートしていないことに問題があった。
っで、gc_common_macros.hを覗いてみると、上記の「_DLL」というのが定義されていないとGC_DLLが定義されずおかしなことになる。じゃあ、面倒なので外部から「GC_DLL」を定義しちゃえってやったら、今度はBoehmGC内のテストのビルドでリンカーエラーが起きる。もうね、いたちごっこだね。

とりあえず、どうしたか。CMakeLists.txtの最終行にあるADD_SUBDIRECTORYをコメントアウト。 BoehmGCのテストなんて走らせたこと無いから問題ないだろう。信用する。
しかし、基本フルオートでビルドしてたのにMSVCのみ手を入れるのは嫌だなぁ。どうしよう。ビルド時に作り直すようにしろということか?面倒くさい・・・

No comments:

Post a Comment