2011-04-12

custom port実装中

とりあえずいろいろ見ながら実装しているのだが、custom-textual-output-portの実装の違いというか、いいのかこれ?っていうのを発見。
たとえばこんなコード
(import (rnrs)
 (rnrs mutable-strings (6)))
(define (print . args)
  (for-each (lambda (arg)
       (display arg))
     args)
  (newline))

(define (custom-read! bv start count)
  (string-set! bv 0 #\a)
  1)

(define (custom-write! bv start count)
  (print bv)
  1)

(define cp (make-custom-textual-output-port "id" custom-write! #f #f #f))
(print (put-string cp "string"))
(close-port cp)
これをmosh, Ypsilon, Petite Chez Schemeに食わせてみる
mosh:
s
t
r
i
n
g
#

Ypsilon:
string
tring
ring
ing
ng
g
#

Petite Chez Scheme:
#
string

string

string

string

string

string

ちなみにPetiteは最後のclose-portがないと「string」が出力されない。ちなみに、write!のプロシージャーに渡されたstart、countもそれぞれバラバラで、moshは固定値「0,1」、Ypsilonはstartが0固定で後はsubstringしたかのような長さ、Petiteはstartとcountの合計値が文字列の長さになるようになってた。
(日本語が下手なので、詳しくは動かしてください)
これinput-portで作ってもそれぞれ実装がバラバラで、正直なんだこれ?状態。

いまいち使いどころが分からないし、とりあえず簡単そうな実装にしてしまおう。

No comments:

Post a Comment