2010-05-11

Orlando三日目

今日はシーワールドに行ってきた。
入園する前に、一悶着あったのでその話と+α
シーワールド、アクアティカ、ブッシュガーデン、その他といくつかのテーマパークは経営者が同じっぽいのでいくつか周るなちょっとお得なチケットがある。
っでそのチケットを買った際に、何を間違ったのか名前のつづりが違った。っで、正しいのにしてくれといったら、
「問題ない」
との一言。どう考えてもおかしい。
チケットに必要に応じてID(大概パスポート)を見せてもらうことがあるなんて注意書きがあって、チケットの名前とIDの名前が食い違ってたら問題にしかならないはずだ。
っが、チケット売り場のおばさんは問題ないの一点張り。しょうがないのでカスタマーサービスへ。
っが、さらにここでも問題ないと言われる。
しょうがないので、ID要求されたらどうなるんだってわざわざ説明したら、その人の判断では決定できないので上司に指示を仰ぐといって中に入ってった。
結論を言えばチケットは無事交換されたのだが、どう考えても手際というかいろいろおかしすぎ。
訴訟大国のくせに、訴えられたらどうするんだって突込みどころが山ほどある気がする。

まだローシーズンなのか、どこもかしももガラガラ。世界的な不景気で旅行者が少ないのかもしれないが、これでは路頭に迷う人がでるんじゃねぇの?ってくらいガラガラ。
実際、去年あったホテルとか、レストランとか結構消えているので路頭に迷っているのだろうが・・・
まぁ、待ち時間が少ないというのはこちらにとってはうれしいことなのでどうでもいいが。

どうでもいい話。
アメリカという国柄なのか、フロリダだからなのかは分からないが、こっちにきて英語を話すことにすごく抵抗を感じる。抵抗というか、(元々そんなに正しくはないが)発音がどうも違うらしい。っで、少しでも発音が違うと理解されない・・・
でも、観光地なんだし旅行者が全員正しい(何をもって正しいというか知らんが)英語が喋れるわけないので、理解しようとする姿勢が必要だと思うのだが、それも見受けられない・・・orz
なので、なんか居心地が悪いというか、そんな感じ。
ちなみに今日通じなかった英語はなんと「hot」!
今まで通じなかったことは無いのだが、こっちで「ホット」という通じない。どちらかと言えば(厳密には違う)「ハット」に近い発音がアメリカ訛り(南部だけかも)っぽい。
waterと同じ感じだわね。
個人的には、「聞き返さないと分からないほどの差はない気がする」のだがどうだろう?
特に「hot tea」って言ったら、少なくとも「tea」の部分は分かるだろうと言いたい。メニューにアイスティーはないんだし。そこも違うかも?それは・・・

No comments:

Post a Comment