2016-08-03

例外ハンドリング

連投の一つ目。

一つ前の記事guardの例外の再送出をwith-exception-handlerで受けると無限ループに陥る問題を解決した話。結論を先に書くと、raiseraise-continuable及びwith-exception-handlerをSchemeで実装して、継続の境界を作らないようにした。

ぼ~っと考えて実装したら動いちゃった系の解決方法で、特に苦労とかなかったんだけど、実装前に気になっていた点が以下:
  • Cでwith-exception-handlerを使っているか
    • 使ってなかった。なんでこれC側にあるんだろう状態だった。
  • C側で例外投げたらどうなるの
    • この記事の肝、気になったら続きを読んで。
一つ目は特筆することもなく。Cで書くと複雑怪奇になるんだけど(なってた)、使ってないしSchemeに移動させてコードがかなりすっきりした。VMのサイズも1ワード減っていい感じだと思われる。(core)ライブラリだけでは使えなくなったけど、これに依存するコードはないと思うのでまぁ、問題ないだろう。

二つ目はC側のコールスタック。継続の境界はSg_Apply系の関数で作られるんだけど、コールスタックの深いところで例外が投げられたらどうする?ってのをぼ~っと考えていた。はい、longjmpを使うだけでした。

具体的にはこんな感じで例外が投げられたとする。
Call stack
  +----------+  +---------+  +---------+  +---------+
--| Sg_Apply |--| C func1 |--| C func2 |--| C func3 |
  +----------+  +---------+  +---------+  +---------+
                                            ^^^^^^^
                                             C error
こんな感じでCのraiseは呼ばれた時点でVMのスタックにSchemeのraiseを呼び出す継続フレームを入れる。
Before
   PC = CALL
   Stack
   +--------------------------+
   | Return to previous frame |
   +--------------------------+
                :
After
   PC = RET
   Stack
   +--------------------------+
   | Return to calling raise  | --> PC to return = CALL raise
   +--------------------------+
   | Return To previous frame |
   +--------------------------+
                :
with-exception-handlerraise-continuableの組み合わせだと、呼び出し元に戻る必要があるので一つ前のフレームを飛ばすわけにはいかない。この状態にしておいて、longjmpを呼び出し、VMのループを再起動する。もともとVM自体はVMループへのjmpbufを持っているのでそれを使うだけ。割とお手軽に解決できてしまった。

このバグのおかげで別のバグをつぶすこともできたし、YpsilonとMoshのバグを発見することもできたのでいいバグ(?)だった。

No comments:

Post a Comment