2016-01-05

オリボルンの作り方

毎年大晦日になるとNaverから昔オランダに来る前に書いたレシピにいくらかアクセスがある。このレシピ間違ってはいないんだけど正確にはオリボルンではないので(appelbollenという亜種)、もう一回書いておくことにする。オランダではオリボレン用の粉があって、混ぜて寝かせて揚げるだけなんだけど(ホットケーキミックスみたいなもんだ)それだと日本では作れないので、インスタント粉は使わない方向で。

材料(20個分)
  • 小麦粉 300g
  • 牛乳 250ml
  • ドライイースト 7g
  • 砂糖 1tbsp (15g)
  • 卵 1個
作り方
  • 上記の材料を混ぜる
    • しっかり混ぜると、出来上がりがもちもちする
    • 軽く混ぜるとさくっとする
  • 生地を1時間寝かせる(2倍程度に膨らむまで待つ)
  • 油(材料外)を180度に熱する
  •  スプーン(大)を二つ使って一口大程度の生地を掬い上げ、丸めてから揚げる。
    • イーストが入っているので膨らむ
    • あまり大きくするとできあがりが巨大になるので注意
  • 焦げないように注意しつつ、全体的にこんがり揚げる。
  • 竹串をさして何も付かなければ出来上がり
食べ方
出来立てが一番美味しいのは基本。どんな風に食べてもいいけど、オランダでは大量の粉砂糖をまぶして食べるのが一般的。オリボルン自体はあまり甘くないので粉砂糖等で甘さを補う感じ。オランダでは年越しの際に食べられることもあり、冬のお菓子的な扱いになっている。実際、夏が終わるとオリボルンの屋台(?)がそこかしこに現れる。

慣れてきたら砂糖を増やしたり、レーズンを入れたりしても(krentenbollenと呼ばれる)よい。

No comments:

Post a Comment