2015-06-07

パラメータとスレッド(2)

前回の続き。

コードとか実装のアイデアというのは寝かせると浮かんでくるものではあるのだが、割と早めに浮かんできたので早速実装してみたという話。

Gaucheの動作はパラメータの初期値をグローバルに持っているから実現されている(それ以外にも手はあるのだが)という話から、とりあえず同様のことをしてみた。SagittariusではパラメータはSchemeで実装されているので実装ライブラリにWeakハッシュテーブルを持たせパラメータが参照される動的環境内に値がなければグローバルのテーブルから引っ張ってくるという実装。実装が簡単な上に効果は抜群で、前回のスクリプトはGaucheと同様の結果を返すようになった。さらに、Weakハッシュテーブルを使っているのでGCが走った際にどこからも参照されていなければ回収されるのでメモリの爆発もない。

この変更によるものではないと思うけど、プッシュしたらdrone.ioのテストがこけた・・・なんだろう?

No comments:

Post a Comment