2014-11-20

Washington D.C. 三日目(Scheme Workshop2014)

ワシントン三日目はScheme Workshop2014。このためにワシントンに来たので外すわけには行かないw 招待講演とキーノート以外の論文はサイトからダウンロードできる。


最初はJohn CowanのR7RS-largeの近況。R7RSとR6RSの違い、R7RS-smallで決まったこと等から始まり、R7RS-largeのプロセス等が報告される。

二番手は自分。発表資料は以下。



その後休憩を挟んで次のセッションへ。

Code Versioning and Extremely Lazy Compilation of Schemeはベンチマークの結果がまだないので実際にこれが高速になるのか分からないというところが多少残念だったが、面白い内容だった(記憶)。

Microscheme: Functional programming for the ArduinoはSchemeでマイコンを動かす発表。なぜか発表者が論文著者ではなかった。前日にデモ用に実機を弄ったという話で、実際にデモがあった。Scheme(のサブセット)で制御されてるロボットがフラクタル書いたりして面白かった。

Structure Vectors and their ImplementationはGambitに型情報を持たせたベクタを組み込むという話。Gambit内部のタグ情報とかがちょいちょい出てきて発表を聞いててもすんなり頭に入ってこなかったのだが(論文読め)、要するに通常のベクタで管理するよりも高速かつ効率よくできるという話。

ここでお昼。ぼ~っとどうしようかと悩んでいたら、John CowanとJason Hemann(開催者)が会話しているのが見えて、聞き入っていたらそのまま一緒にお昼を食べることになった。ここでJohnがかなり面白い人だということを知る。

第三セッションは静的解析。

A Linear Encoding of Pushdown Control-Flow Analysisはほとんど頭に入らず宇宙語喋られた感じであった。前提知識が足りな過ぎた。

Concrete and Abstract Interpretation: Better Togetherは発表の範囲では整数の範囲を静的に解析して、配列のUnderflowチェックを除去できるようになるよという風に締めくくられていた。ガロア結合とか出てきてどうしろと状態になっていた。発表自体は簡潔にまとめられていて、まぁ大体何を意味するのかは分かったのだが、どうも数式アレルギーが・・・

第四セッションはDSL。

Little Languages for Relational ProgrammingはminiKanrenのエラーメッセージをホスト言語(Racket)から切り離して分かりやすくしましょう、という話。miniKanrenの説明に時間を割きすぎてて、僕の隣で担当教官(?)が時間が巻いてるとか後五分とか支持してた。

Meta-Meta-Programming: Generating C++ Template Metaprograms with Racket Macrosはまさにそのまま。NeboというアプリケーションをRacketを用いて生成しているという話。

最後はキーノートのAndy WingoのWhat Scheme Can Learn from Javascript。Javascriptで行われているJITからSchemeで最適化をかけた際に起きる問題、Guileの未来等の面白い話を聞けた。


感想

自分の発表がどうだったかというのは客観的にいえないのだが、無難にこなしたのではないだろうか?二番手だったので残りの発表が余裕を持って聞けたのはよかった気がする。静的解析のセッション以外は特に前提知識なしでも理解できるかなぁという感じであった。面白い話を聞けたしいい経験だったと思うが、今回だけで十分かなという感じではある。来年はICFPとの併設を試みているという話なので、もう少しアカデミックなものになるかもしれないという噂も出ていた。

No comments:

Post a Comment