2013-07-08

Bignumの速度改善(調査編)

SBCLがGMPを使うようになったらしく、こんなツイートをもらった。

期待されているなぁ・・・相手GMPだけど・・・

期待されると応えようともがく性分なので、とりあえず現状でどれくらいGMPと差があるのか適当にテストしてみることにした。GMPと言えばMoshが使っているのでここと比較。なぜか?機械語吐き出すSBCLと戦う前に同じバイトコードなScheme処理系のMoshを倒さないとオーバーヘッドの部分で確実に負けることが確定しているから。

テストコードは以下(ここのPython用のをSchemeに移植):
(import (rnrs) (time))

(define (factorial n stop)
  (let loop ((n n) (o 1))
    (if (> n stop)
        (loop (- n 1) (* o n))
        o)))

(define (choose n k)
  (/ (factorial n k) (factorial (- n k) 0)))

(time (choose 50000 50))
#|
;; Mosh用timeライブラリ
;; time.scm
(library (time) (export time) (import (mosh)))
|#
以下が結果。
% time sash test.scm

;;  (choose 50000 50)
;;  6.536399841308594 real    11.13800 user    1.669000 sys
sash test.scm  11.17s user 1.76s system 194% cpu 6.661 total

% time mosh --loadpath=. test.scm

;;1.4351999759674072 real 1.264 user 0.172 sys
mosh --loadpath=. test.scm  1.28s user 0.20s system 99% cpu 1.482 total
まぁ、分かってはいたのだがここまで差があるのか・・・
SagittariusはBoehmGCがGC用スレッドを持ってるからRealとUser時間が倍違うのか?とりあえずReal時間だけ気にすることにする。

このベンチだと単純に乗算だけなんだけど、とりあえずそこからか・・・先は長そうである・・・

No comments:

Post a Comment