2013-03-15

Sagittarius 0.4.3 リリース

Sagittarius Scheme 0.4.3がリリースされました。今回のリリースはメンテナンスリリースです。
ダウンロード

【修正された不具合】
  • evalがunbound variable errorを投げる不具合が修正されました
  • 閉じられたソケットに対してsocket-sendを呼ぶとSIGPIPEで落ちる不具合が修正されました
  • キャッシュファイルをロードする際にライブラリのインポート順序が逆順になっている不具合が修正されました
  • bytevector->stringがSIGILLを起こす不具合が修正されました
  • R7RSのloadにenvironment引数を渡すとカスタムリーダが認識されない不具合が修正されました
【改善された点】
  • メモリの使用量が多少少なくなりました
【新たに追加されたライブラリ】
  • リモートREPLライブラリ(sagittarius remote-repl)が追加されました
【新たに追加された機能】
  • (rfc tls)がサーバソケットとTLS 1.2をサポートするようになりました
  • (rfc x509)ライブラリに基本的な証明書を作成するための手続きが追加されました
  • (rfc x509)に証明書をバイトベクタに変換する手続きが追加されました

No comments:

Post a Comment