2013-01-18

マクロがスコープを壊していた

まぁ、マクロ周りは完全とは言いがたいと分かってはいたのだがこうも立て続けに不具合が出てくるとは・・・

Google code上でIssueを発行したのだけど、まぁ前回のマクロの不具合とばっちり関連している、というかそれの延長線上である。

Vicareの中の人が報告してくれたIssue 84と今発行したIssue 85はちょうど真逆の動作をするのだけど、原因する場所及びその原因は全く一緒。どちらもシンボルから識別子へ変換する部分の処理が正しいライブラリを見つけることができていないのが問題になっている。怪しいなぁとは思っていたのだけどこんなにも怪しかったとは思っていなかった。完全にその部分の理解が間違っていたということになる。

どうあるべきなのか?
問題はこれである。今のところ考えがまとまっていないので、どうあるべきかすらわかっていない。一番大元で(たぶん正しく)理解しているのは、基本的に字面上参照できないものは参照できない、ということ。その逆もしかり。84の方は後者になり、85の方は前者になる。ここで、字面上というのは、コードから読み取れる情報上という意味。(蛇足)
この大元だけが分かっていても、いくつかの要因が複雑に絡み合うと全く分からなくなる。だれだよ、こんな複雑な仕組み作ったの!正直な話、あまり複雑に考えなくてもいいはずなのだ。

ふと、後者の問題はVMをいじれば解決できることに気づいた。マクロ展開の問題なんだけど、解決をランタイム(しかもVMレベル)まで遅らせれば解決できる。ただ、これは本質的な解決じゃないので、どこかで破綻する気がしているのと、本質的な解決じゃないのはあまり入れたくない。

あぁ、待てよ、マクロ展開時とマクロ補足時の環境は取れてるんだからVMレベルまで遅らせる必要はなく分かってるよな?となると、問題となるのはIssue 25のパターンを無理やり何とかしようとしているところか。具体的には以下ようなコード:
(library (foo)
  (export bar)
  (import (rnrs))

  (define (problem) (display 'ok) (newline))

  (define-syntax bar
    (lambda (x)
      (define (dummy)
        `(,(datum->syntax #'bar 'problem)))
      (syntax-case x ()
        ((k) (dummy)))))
  )

(import (rnrs) (foo))
(bar)
barがへんてこな風に解決しないと&assertionを投げるのだけど、これ何とかならないかな?ちょっと考えよう。

No comments:

Post a Comment