2012-11-11

R7RS対応

ドラフト7の範囲の実装が大体終わった。Chibi SchemeのR7RSテストケースもほぼ通るようになっている。(通らないのは、R6RSと競合する部分とFlonumの精度が決め打ちになっている部分と、R7RS上では不明瞭に見えてかつ僕がChibiの挙動の方がおかしいと思う部分)

他の人が仕様書に対して書いたテストというのは意外と自分ではチェックしない部分の挙動があったりしてバグ潰しに役立つということが分かった。実際、Chibiのテストケースを通るようにした際に6個くらいバグをつぶした。中にはSEGVを起こすようなのもあって、普段使わない、書かない系のコードというのの中にこそバグが含まれているというのがよく分かった。

現状でR7RS準拠度はevalが環境を破壊的に変更するのと(問題だとすら思っていない)、R6RSなのでbinary、textualポートの区切りがはっきりしている点を除けば全て準拠していると思う。Chibiですら対応していないinclude-library-declarationsも入っているw

今週末にリリース予定の0.3.8からR7RSドラフト7に対応しているという宣伝。

No comments:

Post a Comment