2012-10-06

中置記法

CourseraのScalaコースでScalaで中置記法が書けるということを知った。
こんな感じ
class Foo(x: Int) {
  val v = x
  def +(y: Foo) = new Foo(v + y.v)
  def less(y: Foo) = v < y.v
}

new Foo(1) + new Foo(2)
C++の演算子のオーバーロードに似ているけど、イメージとしては単に関数定義。Scalaは割りと自由にシンボルが定義できる。Schemer好みともいえる。のだが、多分演算子だけを特別視したくなかったんだろうなぁと思うのが、以下の記法。
new Foo(1) less new Foo(2)
SRFI-105でも感じた「うわぁ・・・」感漂う何か。何故かはいまいち分からないけど、どうも読みにくいと感じる。僕の主観だと思うんだけど、これが読みにくいと思うのはあまりにも自然言語に近いからだと思う。僕はあまり国語が得意ではなかったところに起因があるのかもしれないが・・・

それに加えて、中置き記法は評価の優先順位が問題になってくる。まぁ、常識人なら()で囲って優先順位を明確にするだろうけど、なんでそんなことを人間が考えなくてはいけないんだろう?と思ってしまう程度にはLisp脳になっているのかもしれない。(いや、単にものぐさなだけだろう)

コンパイルしてしまえばJavaからでも使えるし、REPLもあって開発効率は高そうなイメージなんだけど、じゃあ仕事で使いたいか?といわれると今のところ微妙な感じ。(でも、Scalaでやるよ~って言われたら喜んで飛びつきそうなくらいにはJavaに飽きている・・・)

No comments:

Post a Comment