2012-07-22

JITアイデアメモ

そんなにナイーブな実装ではないとは思いたいのだが、速度が出ない。多分いたるところでVMのレジスタを参照したり書き換えたりしているからだろう。(主にスタックポインタなんだけど)
GaucheのJIT予備実験を見る限り、(多分)似たような壁にぶち当たっていると思われる。
Gauche:VMの最適化:JIT:予備実験

とりあえず、現在のところJITコンパイルには2パス使っていて、最初にVMインストラクションを舐めて最適化できそうな情報を集めてから実際にコンパイルしている。というか、これやらないとJUMP命令の飛び先が取得できないので(+方向だけなら問題ないんだけど、-方向があるので)。
この1パス目をうまく使えば、どのPUSH命令が実際にCのスタックが必要かどうかがわかる(はず)。これが分かれば、末尾呼び出しの際に、現在与えられている引数フレームを再利用可能になる。であれば、わざわざVMのスタックをいじる必要がなくなるのではないだろうか?問題はどのPUSH命令がどの位置をいじる必要があるのかということさえも引っ張り出さないといけない点ではあるのだが・・・

とりあえずfibとtak程度が5から10倍程度高速になるように頑張ってみてから実際にJITを入れるか考えよう。上記の方法だと継続をどうするとかの問題が出てくるわけだし・・・でも、Racket並みの速度を出すには必須だろうし・・・


それにしても、汎用レジスタ6本て・・・せめてもう3本あればなぁ・・・(x86の話)

No comments:

Post a Comment