2012-06-17

integer->bytevector

前回の手続きの逆である。折角bytevector->integerを高速化したんだし、逆もベンチマークとって見るかとやってみた。以下がコード。
(import (time) (sagittarius control))
(define bv (do ((i 0 (+ i 1)) (bv (make-bytevector 100 0)))
        ((= i 100) bv)
      (bytevector-u8-set! bv i i)))
(define n (bytevector->integer bv))
(define count 100000)
(time (dotimes (i count)
 (integer->bytevector n)))
っで、結果:
$ sash test.scm

;;  5.609375 real    5.515000 user    0.016000 sys
#|
Core Duo 1.66GHz
|#
もちろん、前回と同じ理由で遅い。ということで、Fixnumの場合とBignumの場合で分ける。
どこまでいってもポイントとしては無駄なアロケーションを避けるという点と、直接Bignumの演算をするのではなく、構成しているlongの値だけで計算するというもの。これで、Cのプリミティブなビット演算だけで片付く。
っで、結果:
$ ./build/sash.exe test.scm

;;  0.156250 real    0.156000 user    0.000000 sys
環境はもちろん一緒。50倍くらい速い。とはいっても、この辺りの処理は単発で使われることの方が多いので、ベンチマーク用ともいえる。
これを見て調子の乗ってやった。反省はしていない。

No comments:

Post a Comment