2012-02-25

プロセスをちょっと本格的に実装

以前からとりあえず動く、というか単に他プロセスが呼べるレベル、のものはあったのだがさすがにこのままではなぁと思いちょっと改良(改悪?)してみた。

もともと設計の方針としてはJavaのProcessクラスみたいな感じで入力、出力、エラー出力のポートをプロセスが持っていてそれらをいじれるようにしようとしていた。っが、とりあえず全部標準入出力にリダイレクトして適当にしていた。
っで、ちょっと思い立ってまじめにそれらを割り当てることにした。まぁ上手くいってる。っが、ここでちょっとした問題が。
元々この機能は仕事でmavenを叩くのにWindowsのバッチでは厳しいなぁと思っていたから作ったのだが、今回の変更で標準出力にリダイレクトされないのでログが見辛い。また、走っているプロセスのパイプに対して出力があったのか知る方法がないので、出力ポートからログを上手く取得できないという問題がでた。
解決方法はいまいちいい案がないのだが、とりあえず出力のリダイレクト先を指定できるようにするとか、char-ready?(ポートはバイナリなのでu8-ready?か)的な何かをまじめに実装するか、プロセスが終了するまでじっと待ってからログ吐く(運用回避?)のどれかだろうか?

Rubyのspawnとかどうしてるんだろう?(使ったこと無いけど、いろいろ出来そうだなぁとドキュメント見て思った)

No comments:

Post a Comment