2012-02-17

常識で考えましょう...

Togetterにあったまとめ
@May_Roma流英語習得法:「常識で考えましょう…」
おおむね賛成なんだけど、微妙だなぁと思ったのが1個。(実は最初の15個くらいしか見てないので他にもあるかもしれないが)
https://twitter.com/#!/May_Roma/status/168427967175860225
 日本語力つけたい外人が、日本語でちゃんと喋ったり書いたりできないDQNに日本語習ってもうまくなるわけないでしょう。英語も同じでまともな先生に高い金を払って習わないとうまくなるわけないです。高い先生は自分の勉強に投資してんですよ。常識で考えましょう…
前半は非常に賛成なのだが、後半は実体験からそうでもないなぁというのがあったりする。

とりあえず「日本国内で勉強する」ということに絞るとすれば、当てはまるのかもしれないが、E○Cとかの英会話学校だと「高いけど先生はまともじゃない」なんてことがままある。実際僕も日本で英会話学校にいっていたのだが、あまりたいした成果はなかったような気がする。もちろん0ではないし、その後カナダに行った際に役に立ってはいたので無駄ではなかったとは思うが。この場合はおそらくここで言う「まともな先生」というのがキーワードなんだろう。それを探すのにスキルがいるということだ。

個人的に上記はとりあえず僕が思ったものでも小さいもので、大きくそれは違うだろうと思ったのは、この文章から見て取れた「金を払わないと英語は習得できない」というもの。(国語の点数は低い方だったのでそんなこと言ってないと言われると以下は破綻します)。
僕がある程度(ビジネスでも使える程度)英語が喋れるようになったのは高い金を払って先生から授業を受けたからではない。どちらかといえばそのような環境にいるからだと思っている。つまり英語で仕事をする環境にいるということ。同じことが日本で働いていた時にも言えて、大学を卒業してから身につけた日本語というものが非常にたくさんある。(御社とか弊社とか学生時代は知らんかった)
「習うより慣れろ」という言葉があるように実際に使われている言葉に触れるというのは何者にも代え難い勉強方法ではないだろうか。ただこれを言うと、

勉強なら他所でやれ
この学生の間違いは、会社に入って給料を貰いながらスキルアップしようと思っていること。小学生から大学まで16年学ぶ時間がありました。就職して仕事を するということは、学んだことを生かしてアウトプットするということ。まだスキルが足りないというのなら、その必要なスキルが学べる専門学校にでも行けば いい。会社に入ってスキルアップなんて図々しいことこの上なく、給料は貰うどころか、授業料を払うべきです。会社でのスキルアップというのは仕事の結果と してそうなるわけであり、それ自体を目的にするのは本末転倒。
上記の意見に当てはまる気がするのでそれはそれで微妙かもしれないが。ただ、現場で使われている言葉という点に焦点を絞るならそこにいなければわからないこともあるだろうということだ。
実際、僕もここで働き始めて英語の勉強をせざるを得なかった。具体的には電話の応対とかね。そうはいってもそれに対して金は払ってない(ネット代は含まない)。

効率という点を除けば手段はいくらでもあるはずだ。
「まともな先生」というのが人間以外も指すなら、高い金を除いて賛成ではあるが。

No comments:

Post a Comment