2011-12-05

LA行ってきた

今回はバカンスではなく、仕事の面接ということでダウンタウンがメインだった。面接の結果はまだ出ていなく、ボールは向こうが持っている状態。ただ、ボールがもしこっちに来た際には決断をしなければならない。いく前は割りとLAに行こうかなと思っていたのだが、今は揺れている感じ。
いくつか理由がある。良いところと悪いところ両方。少し頭の中をまとめていこう。

良い点
  • まず間違いなく給料があがる。それも下手したら3倍くらい。
  • うちの彼女がアメリカに行きたがっている(NYCなので東海岸だが・・・)
  • ビザを出してくれるアメリカの企業はほとんどないので、次はないかも
悪い点
  • アメリカにいるのに日系企業で日本のコミュニティにいたら、なんか違う。
  • 生活面ががらりと変わる。特に気候とか。夏場40度もあるって聞いたから多分融ける。
  • RX-8は諦める必要がある。(持っていくのが不可能に近い)
  • IT系でも今やってる分野からかなり離れるので次を考えたときに不安。
  • あのLA訛は慣れるのに時間掛かりそう。
大きな部分を占めている順に書いてみた。悪い点が多いのだが、よい点の一番上はかなりでかい。悪い点の下2つは割りとどうでもいいしw
良い悪い関係なく揺れる点ももちろんいくつかあって、それらも含めて考えないといけない。正直人生の岐路としてはかなり大きいので、ボールがこっちの来ないまま「あの時は残念だったね」なんて言っていた方が楽かなぁとも思ったりする。優柔不断な性格には結構きつい・・・

No comments:

Post a Comment