2011-12-08

コードをいじっていない

一応、1週間の休暇中でコードを触らないと決めたので触っていないのだが、アイデアは出そうなので取り留めないことをメモしておこう。

正規表現書き直しについて
マッチが既存のものより3倍程度遅いが、これはひょっとしたらマッチさせるたびにメモリの割り当てが3回発生してるからかもしれない。なので、現状マッチさせる際に作成しているコンテキストをマッチャー作成時に初期化して再利用したら高速化されるかもしれない。これでなお遅かったらなんだろう?
Possesiveマッチとか後方参照とかどうしよう?RE2はサポートしてないんだよね。パーサーはCL-PPCREを参考にしたので、その辺対応してるのに、VMは対応(まだ、だといいな)してない。考えないと。

リーダーマクロについて
これは実装手順になっていくのかな?現状ではまぁ普通にスイッチ文で一文字ずつ見ている。次のリリースもしくはその次位には細かく分けられたリーダーを用意して都度プロシージャーを呼び出すようにする。ただし、Cで実装されたものを単純にapplyすると遅そうなので、それは直接呼び出すようにする(引数さえ調節可能、ってかVMはそうしてるし)。その後、リーダーマクロ用のテーブルにマクロのセットを足してディスパッチするようにしてやる。ユーザー定義のリーダーマクロはそこができてから実装するようにする。多分、文字の登録もしくはディスパッチャ(2文字)の登録になるはず。CLの実装も確認しておきたい。xyzzyのソースを読む必要があるか?
(まずはCLのリーダーマクロをいじってみろという話もあるが・・・)

CLOSについて
これは0.3.0くらいに入れたい機能だが、実装方針をとりあえず立てておきたい。ソースが結構大きくなっているので、少しずつ置き換えるというのが難しいかもしれないが、最初は即値クラスから実装(fixnum、文字、boolean、etc)。一気に置き換えるなら現状のタグを消してコンパイルかけて一つずつつぶしていくという地味な作業になるだろうか?気になるのはタグの11ビット以降を利用しているもの(文字列とか)。別にフラグを構造体に持たせる必要がでるのか、現状のようにヘッダー内でなんとかしてしまうか悩むところ。
クラス階層として、文字列、ベクタ、バイトベクタをシーケンスクラスのサブクラスにしようかはちょっと悩むところだが、ハッシュテーブルとツリーマップはディクショナリクラスのサブクラスにしたいところ。
総称関数は多分後回しにできるので、先にクラス構造を入れてしまいたい。
まずはTinyCLOSのソースを熟読するところから始める必要はあるだろう。

もし何方かSagittariusを使っていて、こんな機能がほしいってのがあったら是非教えてほしいですm(_ _)m

No comments:

Post a Comment