2011-10-08

ODBCを入れてみた

DBI/DBDの実装をしようと思い、組み込みで1つ入れるには何がいいかなぁと考えた結果ODBCにした。
理由は割りと単純で、
  • 「ある程度」実装依存の部分を回避できること。
  • PostgreSQL, MySQL, Oracleなど実装を限定してしまうとビルド時にそれらが入ってないと組み込めないこと。
  • 一応ISOの標準になっており、(既に)Microsoftの独自実装というわけでもないこと。
といった感じ。特に3つ目は割りと重要で、これのおかげ(か、どうかか知らんが)で Unix系プラットフォームでもODBCが使えるらしい。
とりあえず初期バージョンを作ってみて、CSVファイルを検索してみた。

こんな感じ
(import (odbc))
;; DSNはODBCの設定でつけた名前
(define dsn "TEST")
(define env (create-odbc-env))
;; 今回はCSVなのでユーザー名、パスワードは要らない。
;; Oracleなどに接続する際は必要になる
(define dbc (connect! env dsn "" ""))
;; もちろんプレースホルダーも使える
(define stmt (prepare dbc "select STREET from [ken_all_rome.csv] where CODE > ? and CODE < ?"))

(bind-parameter! stmt 1 23203)
(bind-parameter! stmt 2 23205)
(execute! stmt)
;; 警告レベルの例外を投げたりするので、with-exception-handlerで囲む必要がある。
(with-exception-handler
 (lambda (e)
   (report-error e))
 (lambda ()
   ;; fetch!は行が取得できたかどうかを返す while (fetch(stmt)) ... なイメージ
   (let loop ((next? (fetch! stmt)))
     (when next?
       ;; 現状では列名では取得できない。この辺は改善の余地あり。
       (let ((col1 (get-data stmt 1)))
	 (print col1)
	 (loop (fetch! stmt)))))))
;; 接続解除
(disconnect! dbc)
基本的にはDBDの低レベルAPIな位置づけなので、あまり高機能にする必要もないのだが、Prepared Statement(日本語訳しらない)に束縛された値のリセット機能はいれてもいいかもしれない。あと、DBD用に結果列名の取得とかも。
文字列周りをどうするか考える必要があるかもしれない。現状だとUTF-8しか使えないが、CSVとか使うならSHIFT-JISがどうしても必要になってくる。コネクション辺りにトランスコーダーを持たせるか。(コネクションごとでいいよなぁ?)

どうでもいい話ではあるのだが、ODBCのAPIは資料が少ない気がする。いや、MSDNとかあるんだけど、例えばOracleのVARCHAR2は定義されたSQL型に入ってなくてえらく困った。
あと、SQLBindColとかSQLBindParameterとかの説明が足らん気がする。
ODBC Programmer's Referenceここがすごく役に立った。特にChapter9のBinding Parameters。MSDNには明示的に書いてないこと(読み飛ばしたのかもしれん)が普通に書かれてるのと、サンプルが多くてお勧め。

No comments:

Post a Comment