2011-06-30

思案中のこと

Sagittariusが遅い。
結構まともなライブラリを作ろうとしているのだが、それのテストというか1回走らせるのに2~3秒、長いときで5秒以上待たされる。ライブラリを除いた実際のコードは数行なのにだ。
これは、まぁ、原因まで全部分かっていて、コアの機能以外は全部そのときに読み込んで、コンパイル、実行しているからだ。さらに、マクロ展開の関係もあって、コンパイラがかなり重い。

っで、FASLを導入してみようかと思ったのだが、これって単にS式をバイナリにしただけなのね。それでは結局上記のルーチンが走るので美味しくない。どうやら本当に必要なのはCompiled Cacheのようだ。

名前などどうでもよくて、それが要ると思って考えていたのだが、いろいろ解決しなければならない問題が既にある。

・ライブラリ単位にするか、ファイル単位にするか。

どちらも問題があるが、ライブラリ単位がすっきりしてると思うのでそっちで。

・複数ライブラリが1ファイルにある場合はどうするか?
・ライブラリ外でモジュールを読み込んでからライブラリを作成しているファイル(実際既にある)ものはどうするか?
・どの段階でキャッシュするか?
・実行ファイル内(この場合は起動ファイルを指す)で、ライブラリを定義した場合にそれをキャッシュするか?

思いついたというか、考えている段階で答えが浮かばなかったのがこの辺。
4つ目は最悪キャッシュしてしまえばいいか。っで、import時に引っ掛けると。ただ、キャッシュ時間が問題になりそうだ。

さて、どうしようかな。

No comments:

Post a Comment