2011-05-29

ドイツに行ってきた

この帽子ドイツんだ?オランダ!
ということでドイツに行ってきた。

といっても、ベルリンとか遠いところではなく、オランダとの国境から比較的ちかいところ。
その辺にMovie Parkなるものがあるといことで行ってきた。
どんなのかなぁと思っていってみたら、Universal Studioのドイツ版でした。サイズは日本のより少し小さいくらいか?でもローラーコースターもあったので、その気になれば比較的遊べると思う。
と思うと書いたのは、僕は無理だったので・・・いや、すべてのアトラクションがドイツ語だし。大学の時に第2外国語でとったけど、きれいさっぱり忘れたし。Ich bin ein Berliner Bal だけではねぇ・・・

そんなこんなであまり遊べず、帰りの電車の関係もありデュッセルドルフに移動。ここにはラーメン屋があるという噂を聞いたので食べれたらいいなぁ、くらいの感覚で来たのだが、これまたびっくり、一つのとおりが日本人街になってた!!
あと、なにかのイベントがあるのか、アニメキャラクターのコスプレイヤーが一杯。よくネットで海外のコスプレはレベルが高いというのを見るのだが、ありゃPhotoshopの技術が高いのか、1割くらいの当たりの写真を使ってるかのどちらかだと思う。
実際、9割くらいはGood looking boy/girlではなかったので(叶姉妹風。古い?)
目的のラーメン屋も意外とあっさり見つかり、辺りからは日本語の会話が山ほど聞こえるなか、ラーメンを注文。普通か旨い部類に入ると思うけど、あんまりラーメン通ではないのでよく分からん。
でも、醤油ラーメン、タンタン麺、餃子+飲み物2つで29.20ユーロは高くね?

//////
投稿を分けるのも面倒なので、こっちに。

ドイツに、というときはデュッセルドルフに行ったときに感じたこと。
海外で日本人に会うとどうも変な気分になる。理由はよく分からなかったんだけど、ラーメン食べてるときになんとなく分かった気がした。
彼らも英語(もしくはドイツ語)を話す。なんとなく自分だけではないんだなぁというのを突きつけられるのと同時に何故か劣等感を感じてるんだろう。多分その劣等感は、彼らはまだ若い。僕が彼らくらいの時にはそんなことできなかった、そんな勇気もなかったというのが劣等感につながっているのだろう。
おそらく、個人的にあまり日本人コミュニティーに近づかないのは、それも理由の一つなのだろう。いや、でもアムスの日本人コミュニティーは駐在さんメインだよなぁ。それとこれは別か?郷に入って郷に従わないのが嫌いなだけかも。

//////
超個人的な話。

弱音を吐きそうになる瞬間が増えてきた。原因も分かっていて、自分ではどうしようもできない問題の部類の一つだ。これが仕事とか、言語とか、文化の違いとかならまだ楽だったんだけどなぁ。
じっとこらえるべきか、日本に帰ることを視野に入れるべきか。後者はきっと今と同じくらいに苦しいのも分かってたりするんだよねぇ。
去年応募したアメリカのグリーンカード当たらないかなぁ。(アメリカ嫌いなのにこんなことを願うあたり、かなりキテるなぁ)

2 comments:

rog said...

頑張れ。
今日本に戻ってきてもきっといいことないぞ。

多分…

kei said...

自分の問題じゃないところがなんとも難しいところなんだよね。

今戻ってもいいことないのも分かってるつもり。

Thanks!

Post a Comment