2011-03-02

プロジェクトホスティング

GoogleのCode Hostingサービスを利用しだした。
まだ、0.0.1にも届いていないが、ちょっと不便になってきたので。
場所はここです。興味があれば。
名前はSagittariusです。

未だにsyntax-caseの実装に戸惑っているが、とりあえず、組み込みのマクロはexplicit renaminig一本にして、syntax-rulesもライブラリとして提供するようにした。
おかげで、マクロ(syntax-rules)使うとコンパイルが遅いが・・・まぁ、それはそのうち何とかしよう。

基本的にsyntax-rulesのパターンマッチとsyntax-caseのパターンマッチは同じなはずなので、流用できるのではないかと考えている。
っが、Sagittariusのdefine-syntaxは与えられたフォームを特に構文オブジェクトにラップするということをしないので、(syntax '(let ...))とかって構文が困るんだよね。というか、syntax->datumとかdatum->syntaxとかその辺にかかわる手続きをどうしようかなぁと。syntax-case構文内だけで使うってことなら、er-macro-transformerのcompareとかrenameをごにょごにょすればいいかなとかも思うけど、そうもいかないよなぁ。

そうそう、
かっちょいいロゴ作ってくれる人募集中です。
あと、syntax-caseを実装してくれる方も絶賛募集中ですw

No comments:

Post a Comment