2011-01-15

LinuxをUSBからインストール

をするための準備の話。
ちょっと古めのデスクトップが転がってて、OSが入ってない。Windowsはもちろんない。ということで、Linuxを入れようと思ったのだが、現在使ってるノートPCにはCDROMがない。

っでちょっと調べてみたらUSBからインストールできるらしい。ということでブータブルUSBを作成する。
手順。
  1. syslinuxを落としてくる。
  2. DAEMON Tool Liteを落としてインストール。
  3. Linuxのisoイメージを落とす。
  4. 3.を2.のツールでマウントして、中身をUSBドライブにコピー。
  5. USBドライブにisolinuxってフォルダがあるので、それをsyslinuxに変更。
  6. 5.のフォルダの中にisolinux.cfgというファイルがあるので、syslinux.cfgに変更
  7. syslinux.exeを叩く。(syslinux.zipで落としたなら、中のwin32フォルダにある)
    C:\> syslinux.exe -maf F:
    (F: はUSBドライブ名。これをC:とか自分のHDDにすると多分えらいことになる)
    本当は-maでいいんだと思うけど、僕のUSBはリムーバブルと認識されてなくて、強制書き換えの-fが必要だった。
たった(結構あるな)これだけ。

他にも、UNetbootinってツールも試したけど、こいつにはひどい目に合わされた。バージョンが悪いのか(最新版だけど)、そもそもCDイメージをUSBにコピーするだけのツールなのか知らないけど、ブータブルなUSBならない。

これで上手くいったらSSDを買って自分のノートにLinuxを入れよう。
(その前に死んだバッテリーを換えないと。ACアダプタ抜いたら即死ぬノートPCってノートの魅力0なんですけど)

No comments:

Post a Comment