2010-04-30

OS: GRUBの続きの続き

前回GRUBでカーネルイメージが読み込めたと思って喜んでいたのだが、VRAM周りのコードが上手く動いていなかった。
GRUBが最初に読み込む部分はアセンブラで書いているのだが、カーネルのコード(になる予定)から戻ってきたときには文字列が表示されるのに、コード内部で表示しようとしたら意図しない文字が表示されていた。
それでもって、自分で作ったVRAM用のクラスを使うとGRUBが再起動しまくりで、大変なことになっていた。

何が原因か分からなかったので、とりあえずデバッグすることに。
qemuのデバッグってどうやるのかとググって見たら、こんなページに遭遇。
-sと-Sオプションをつけるのね。意味は調べてないけど・・・
っで、gdbをカーネルイメージを引数にして起動。
(gdb) target remote localhost:1234
このコマンドでqemuに接続してすれば、普通にブレークポイントとか設定可能。

っで、動かしてみたところ、GRUBはELF形式にしか対応してないことが判明。
Cygwinで作ってるので、PE形式なイメージなわけで、どうしろと?
クロスコンパイラを作るのか?(GCCのターゲット指定でコンパイルだと思う)
と思っていたが、objcopyでバイナリ形式にしたら動いた。
まぁ、とりあえずこれでいいか。GRUB周りで苦しむのは本意ではないし・・・

どうでもいいが、調べている過程でmultiboot.hを覗いたのだが、カーネルに渡す構造体のなかにVBEの情報が入ってた。
まぁ、そのうち対応する予定なので、自前でなんだかやらなくても済んだかもと期待しておこう。
(でも、先にメモリとか割り込みテーブルとかやることは満載・・・)

No comments:

Post a Comment