2009-06-27

GCC 4.4.0

コンパイラである。
最新の4.4.0がMingwから出たので、インストールしてみた。
バージョン4以降からはC++0xの実装が試験的に行われている(らしい)ので、ちょっとその辺を触ってみたかったのと、そろそろ感を取り戻しとかないとなぁという焦りからだったりはする。
ちなみにここから
MinGW


インストール自体は難しいことはないので難なくクリア。Msys自体は前にもかまったことあるしね。
っで、「Hello World」(単にコンパイラの動作確認)もクリア。
問題はここから。
正規表現がBoostを使わなくてもできるようになっているはずなので、それをやってみようと思ったのだが、どうもうまくいかな。
単に「-std=c++0x」オプションを付けたら、swprintfとvswprintfが無いといわれ探す。んで、ヘッダファイル(stdio.h)を見て「-ansi」オプションが付いたら除外されていることにたどり着き、「-std=gnu++0x」に変更。
正確には厳しく標準に従うと除外されるということみたい。安全じゃないから。
(しかし、いいのかこれ?明らかにコンパイラのバグな気がするのだが・・・。まだ標準化されてないとはいえ、準拠してないってことだよなぁ・・・)
そしたら、今度はリンカでこける。どうも正規表現周りのオブジェクトがないらしい。
格闘すること数時間、未だに解決方法が見つからない・・・

う~ん・・・
おとなしくBoost入れた方が早いかな・・・
ライブラリも豊富だし・・・

No comments:

Post a Comment