2008-10-07

おつり

最近Tim Hortonsでコーヒーを買うのが日課になっている。まぁ、大体の日はドーナツも買っているのだが・・・(甘いのに慣れてしまった)
っで、いつものようにコーヒーとドーナツをゲットしにTim Hortonsに行き、ミディアムサイズのコーヒーとドーナツを注文。ドーナツはどれを選んでも85セントなので、いつも同じ値段、$2.17になる。
っで、Toonie(2ドル硬貨)とQuater(25セント硬貨)とPennie(1セント硬貨)を2枚出したら、何故かペニーは戻された。んで、おつりは8セント(pennie x 3 + nickel x 1)
う~ん、dime(10セント硬貨)の消費をしたくなかったのか、こちらの小銭を増やしたかったのか、はたまた引き算ができなかったのか・・・
まぁ、気にしなかったから特に何も言わなかったんだけど、なんなんだろう?

ちなみに、カナダの硬貨の呼び名:
Toonie = 2 dollar coin
Loonie = 1 dollar coin
Quater = 25 cent coin
Dime = 10 cent coin
Nickel = 5 cent coin
Pennie = 1 cent coin

見分け方:
写真があれば早いのだけど、ないので・・・
Toonie: 外側銀色、真ん中金色の2色。全コインで二色はこいつだけ。でかい。
Loonie: 黄土色(日本の5円硬貨をもっと濃くした色)。でかい。
Quater: 銀色。Loonieより小さいが、セント硬貨の中では最大。淵がぎざぎざ。
Dime: 銀色。全コイン中もっとも小さい。
Nickel: 銀色。セント硬貨の中で2番目に大きい。淵は平ら。
Pennie: 茶色(日本の10円硬貨とほぼ同じいろ)
ニッケルとクウォーターを見分けるのに少し時間がかかるかも。ちなみに家の母親は最後までぱっと見では見分けられなかった。慣れれば特に問題はない。

カナダ(多分北米)ではコインは別名で呼ばれることが多いので、
(Do you have a toonie?とか聞かれる。あと公衆電話は基本クウォーターを使用するので、Could you exchange a loonie to 4 quaters?とか聞かれたこともある)
もし旅行を考えている人は覚えておくといいかもしれない。

No comments:

Post a Comment